喉の淋病に感染したときの症状とは?

MENU

咽頭に感染する淋病に注意!

淋菌は咽頭にも感染することが広く知られています。
感染力が強いというのが淋菌の特徴になります。そのため、ノドに感染することもあるのですね。
喉に淋菌が感染するパターンの淋病は咽頭淋病と呼ばれています。
この記事では、咽頭淋病の感染経路や潜伏期間、症状について解説しています。

 

咽頭淋病は、感染した性器を口に入れることで感染します。
淋菌の感染者とディープキスしても、うつります。

 

淋菌が喉から性器に転移することはありませんが、パートナーが先に性器に感染している可能性が高いです。
喉に感染していたら、性交渉により、性器にも感染していることが高確率であります。
飛沫感染はありませんので、感染者の咳やくしゃみに神経質になる必要はありません。

 

菌自体は弱いので、お風呂に一緒に入ったり、感染者の衣類を一緒に洗ったりしても感染することはないでしょう。
咽頭淋病の男性の感染率は、性器の感染を追い越しています。
風俗の利用や不特定多数の人との性行為を繰り返すと、感染率は大幅に増えます。

 

潜伏期間は1週間と短く、症状が出ない人も多いです。
同時にクラミジアに感染していることが多いですが、クラミジアのほうが潜伏期間は長めです。
自然治癒することは、まず考えられませんので、病院や性病クリニックにて適切な治療を受けましょう。

 

また、女性は淋菌の感染に気付かないで出産すると、胎児が産道で感染する場合があります。

 

いまでは、ネット通販で咽頭淋病検査キットも入手可能です。
咽頭淋病検査キットの購入に処方箋は必要ないので、誰でも気軽に購入できます。
淋菌の感染が気になったら検査をしてみるのもいいでしょう。
宅配ドクターやSTDチェッカーという通販サイトにて、検査キットが注文可能です。

 

咽頭淋病検査キットの通販