玄米食のメリットやデメリット

MENU

高血圧や血糖値を改善する食事法

高血圧と糖尿病は多くの日本人が抱える疾病、生活習慣病です。戦後に経済が成長して、食生活が変化したということがあると思います。いわゆる食の欧米化ですね。近年になってからの日本は食が豊かになりすぎたのかもしれません。そうした背景もあり、高血圧や糖尿病の悩みを抱えている人が増えています。

 

なんらかの症状があったり、医師により高血圧や糖尿病の診断を受けた場合、定期的に病院に通い血圧や血糖値の測定を行い、投薬や食事のアドバイスを受けたりします。こうした生活習慣病は食生活が大事なのです。そうしたなか、高血圧や血糖値改善に効果があると期待されている玄米食が注目をあびています。実際は研究段階で医学的な根拠はないとされています。玄米食については、藤城博という方が第一人者とされています。

 

藤城博は玄米食の普及や研究に携わり30年間以上の実績があります。日本食養の会の会長を務め、高血圧や糖尿病で悩む人のためにセミナーや講演会などの主催していますので、興味がある人は積極的に参加してみましょう。藤城博が監修した血糖値を改善する方法は教材の形で販売されているので、セミナーなどに参加できなくても、その手法を学ぶことができます。もちろん、投薬やインスリン注射を使わない方法になります。

 

病院に行かずに自宅で実践できるというのは魅力的ですね。もちろん、初めての方で医学に関する専門知識がなくても問題ないように、きちんと解説されています。一般の方でも安心して利用できます。高血圧や糖尿病を患っている人は、藤城博や玄米食についてインターネットで調べてみるといいでしょう。参考になると思いますよ。