針灸と整体で症状を改善

MENU

多汗症を改善するには?

多汗症の症状で悩んでいる人は、密かに多いといわれています。多汗症というのは、匂いのあるワキガと違って、他人には分かりにくい症状ではあると思われます。ここでは、手術や薬を使わないで多汗症を改善する方法を紹介してみたいと思います。それは、久保田式多汗症改善という手法になります。健康関連の教材としてインターネット通販で販売されているので、広告等を目にしたことがあるという人もいるかと思います。

 

久保田式多汗症改善は自分の多汗症の原因を解明して、ある方法で汗を抑えます。それと、食事も関係しているので、食事療法も実施します。久保田式多汗症改善は7日間のプログラム構成となっています。もちろん、継続的に実行していくのが望ましいでしょう。久保田式多汗症改善は手汗や脇汗、全身多汗症に対応しているようです。多汗症で悩んでいるのなら思い切って、久保田式多汗症改善を試してみることをお勧めします。多少の費用はかかりますが、多汗症が改善するのなら安いと感じられるのではないでしょうか。

日本リバースの治療法とは?

今野清志さんは日本リバースと言う整体院で医院長を務めています。今野清志さんは20年以上、10万人以上の患者に治療を施してきた整体のスペシャリストです。今野清志さんによると多くの人が椎間板ヘルニアの原因について間違った認識を持っているそうです。椎間板ヘルニアの原因について「職業上仕方がない…」「もう歳だから仕方ない…」と考えてしまう人が多いです。しかし、これは間違った認識です。椎間板ヘルニアは職業や年齢に関わらず、改善することが可能です。年齢や職業上の問題と諦めてしまうと一生、椎間板ヘルニアと付き合う破目になります。

 

椎間板ヘルニアは椎間板の一部に亀裂が入ることで、髄核が露出した状態を指します。その露出した髄核が脊髄神経や神経根を刺激する為、痛みを感じるのです。椎間板ヘルニアになる原因として挙げられるのが血流障害です。血流障害によって椎間板に栄養が運ばれにくくなります。そして弱った椎間板が耐えられずに破損するとヘルニアになってしまうのです。つまり、血流の流れを良くすれば椎間板ヘルニアも改善される訳です。

坐骨神経痛は改善できる?

大須賀昭さんは坐骨神経痛改善法の監修者です。大須賀昭さんは亀有ひまわり整骨院の院長を務めている整体・整骨のスペシャリストです。そして、大須賀昭さんによると坐骨神経痛治療にはいくつか注意事項があるそうです。まず、坐骨神経痛は放っておいては治らないということです。基本的に坐骨神経痛が自然治癒することは稀で、放っておけば悪化するものと覚えて置いてください。坐骨神経痛は放っておくと下半身以外の部分まで悪影響を及ぼします。運動障害や神経障害を併発し、最悪寝たきりになる恐れもあるので、放っておくのは絶対にやめましょう。

 

ただ、間違った治療法では坐骨神経痛は治りません。間違った治療法の典型としては、足・腰・お尻のみを治療するパターンです。坐骨神経痛の元になる背骨は、首や胸とも繋がっているので、首の治療をすることで改善することもあります。その他、マッサージやツボ押しに頼りすぎるのも良い治療法とは言えません。もちろん症状には個人差があるので、マッサージやツボだけで改善した人もいるでしょう。しかし、人によっては間違った治療法になるということを知っておいて下さい。

石丸式ED改善法とは?

石丸昌志さんは石丸式ED改善法の監修者です。石丸昌志さんは東洋はり灸整骨院の院長を務めているプロの鍼灸師です。そして、石丸昌志さんによると世の中にはED治療の間違った情報が出回っていてるそうです。自慰行為が出来るならEDでは無いと考えがちです。しかし、自慰行為で正常に勃起しても女性との性行為で勃起出来ないのなら、すでにEDだと考えて下さい。勃起機能や射精機能は正常なので、EDでは無いと思われがちです。ただ、EDの定義は女性との性交時に勃起が出来ない、維持できない状態を指します。

 

タバコがEDの原因というのは唯の噂と思われがちですが、タバコがEDに影響があるのはほぼ間違いありません。ED患者の8割以上が喫煙者という、喫煙者にとっては目を背けたくなる結果も出ています。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させます。勃起は血流と大きく関係しているので、タバコがEDに影響を与えているのです。お酒は少量・適量ならば健康にもいいのは事実ですが、大量のアルコールは将来的にEDになりやすい環境を作ります。酒飲みは勃起不全とは無縁というイメージもありますが、実際はリスクもあるのです。

千里堂式痔改善メソッドとは?

三浦真人さんは千里堂式痔改善メソッドの監修者です。三浦真人さんは千里堂治療院・総院長を務めていて、特に痔の改善に力を注いでいます。三浦真人さんによると多くの人が痔の原因について間違った認識を持っているそうです。辛い物などの刺激物が好き、トイレが長い。これらは痔の原因としてよく言われていますが、確かに辛い物も便座に長時間座ることも痔に良くはありません。ただ、痔の原因ではありません。

 

痔の原因として考えられるのは主に次の3つです。直腸下部の血行が悪くなる、肛門周辺の筋肉が硬くなる、自律神経のバランスが崩れる、二足歩行をする人間は重力のせいでお尻周辺に血液が溜まりやすくなります。血液を心臓に戻す為の血管には、血液の逆流を防ぐ弁が無いので血液が溜まりやすくなり肛門周辺は血行不良が起こりやすくなります。また、肛門は2つの筋肉によって囲まれ、この2つの筋肉が収縮したり開いたりすることで排便を促します。2つの筋肉の内、内肛門括約筋は自律神経によって支配されているので自分の意思で動かすことが出来ません。なので、自律神経のバランスが崩れると肛門周辺の筋肉がスムーズに動かなくなるのです。